柔術の基本5選 初心者が絶対覚えておきたい基本ムーヴ

本記事はプロモーション広告が含まれる場合があります。

柔術初心者

基本が大事っていうけど、柔術の基本って何だろう?

ふじ

柔術における基本というのは、ズバリ、マット運動です!

どんなことも基本が大切だと言われます。

野球であれば「素振り」、サッカーであれば「パス回し」。

では柔術の基本というのは、どんな動作があるのでしょうか。

柔術の基本も数多くありますが、その中でも初診が絶対に覚えておいた方がいい、基本を5つ紹介してきます。

目次

柔術の基本ムーヴ

柔術の基本的なムーヴは、下記の5つが挙げれます。

  • 前転、後転、
  • 横回り
  • エビ、逆エビ
  • ブリッジ
  • 足回し

前転・後転

柔術は、寝技が主体の競技です。

つまり寝転んだ状態で攻防することが多いため、前転や後転を連続しているような状態です。

攻防をしてもついていけるように、まずは前転、後転といった基本的な動きができるようにしましょう。

美しさを競う競技ではないので、多少雑でもOK!

まずはしっかりと回って着地ができるようになりましょう!

横回り

相手にパスされそうになったときのリカバリーやベリンボロのようなスイープを仕掛けるときに使います。

柔術特有のムーヴなので、慣れないうちは、できない方も多いと思います。

しかし柔術をするうえでは、欠かせない動きなので、習得しておきたいムーヴです。

コツは

  • おへそを見るようにする
  • 床には両肩を結んだラインが、床に当たるように転がる
  • お腹を縮めるように曲げる

少し難しいですが、できるようになると柔術の幅が広がります。

ちょっとしたコツが必要な動きなので、少しずつ練習してみましょう。

エビ、逆エビ

当ブログでは、所定の掲載料をに頂き、貴社の店舗型ジム、オンライン、プロテインの執筆ならびに掲載を承っています。筆者自ら取材をさせて頂き、丁寧なレビュー記事を書かせていただきます。媒体資料のこちらからダウンロードは。くわしくはお問い合せまでご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元プロ格闘家。現役中はメジャー団体出場選手や王者クラスに勝利するなど活躍。
引退後は8㎏増量の激太りをしたが、ブラジリアン柔術を初めダイエットに成功。
現在は格闘技ジムのインストラクターとして後進の指導にあたる。
2021年に当ブログを設立。
現役時代やインストラクターとしての経験を活かし、フィットネスや格闘技情報を発信。
普段は子供を溺愛する一児の父。

コメント

コメントする

目次